夢を描くよ

A.B.C-Zを中心にアイドルの話しなどをTwitterの延長としてできたらいいなと思ってます。大した話はできません。

アンジュルム コンサートツアー 2016春 『九位一体』 ~田村芽実卒業スペシャル~のライブビューイングに行って来た。

アンジュルム コンサートツアー 2016春 『九位一体』 ~田村芽実卒業スペシャル~のライブビューイングに行って来た。

 

私がアンジュルムを生で初めて生でみたのは今年のライブハウスツアー。

その日、「めいめいは卒業するからこれ以上好きになっちゃだめだ」ってどこかブレーキをかけてた…んだけどすぐに気付いた。ブレーキかけ損なんだよなぁ。

だってめいめいを好きにならない理由がないから。好きになる要素しかなかったから。

 

 

最初からあやちょが「自信しかない」と言っていた。あんな強いアンジュルムが「自信しかない」って言ったらそりゃもう最強じゃないか。

ステージがせりあがってアクセントダンスが始まった瞬間、これまた鳥肌と涙が出てきた。かっこよすぎか!と。これ嫌いなヲタク居ないわ…。

しょっぱなから最新曲で攻めるアンジュルムかっこいい。自身初の武道館で一番初めに歌い始めるかみこめっちゃつよい…。

 

途中の「スマイルファンタジー」~「交差点」が涙のピークで、映画館であれだけしゃくりあげるくらい泣いたの初めてで…すごい泣いてたらとなりの男性も「これはいかん…」って言って泣いてた…いかんな、うん、いかんわ…

そっからの「恋ならとっくに始まってる」はまた鳥肌。メンバー誰も泣いてない。さっきまでの空気が一転する。展開の速さに驚くというよりも、このコンサートの流れが完璧で凄い事に息を呑んで引き込まれた。皆いい顔してまたキレキレで踊りだすからまたかっこいい。

 

めいめいの「自転車チリリン」は本当に一つの劇だった。

あの衣装似合う女の子めいめいしかいないな、って思った。それを見守るメンバーの表情にも涙腺がゆるんでしまった。なんていい画なんだろう。

 

アイドルの数だけドラマがあって、夢があると思う。

スマイレージが大好きで入ってきた女の子がアイドルとして成長していき、やがてミュージカル女優になりたいという夢をみつけ卒業していく素晴らしいドラマだった。その全てがドラマチックである。大変な事も沢山あっただろうし、きっと今からも大変な道だろうけど、めいめいを観てると不思議と「めいめいならできる!」「めいめいなら大丈夫!」と強く思える。

 

こんなにハッピーで多幸感一杯の卒業コンサート初めてだった。めいめいも、アンジュルムの皆も、きっとお客さんも、皆が今からを前を見据えてているようだった。

アイドルの卒業というセレモニーは「その人のアイドル人生そのもの」だと私は思っている。これぞめいめいのなせる業なのかな?めいめいの卒業だからこその空気感なんだろうか。めいめいっていう大きな柱が卒業しちゃうのに、アンジュルムにまったく揺らぐ事のない安定感を感じる。寧ろ勢いを増している。私が以前みたときよりも凄い勢いでグループが、個々が強くなってて本当に凄い。目が離せない。

最高の形でめいめいを送り出したアンジュルムも本当に強いな。

 

 

めいめいを推していた方々、本当に幸せだろうなぁ。

めいめいが推しってだけでもうアイドルとして間違いない!と思うのに、あんなに最高な形で卒業されたら推し冥利に尽きるというか…挨拶の文もどれも完璧で、17歳なのか?こんな17歳いるのか??とずっと思っていた。

最後に大好き!って言って笑顔で去るめいめい…すごい。めいめいとファンの皆さんで築き上げてきたものがきっと大きかったんでしょう。素敵だなぁ。

 

めいめいは最高のアイドルでした。

こんな短い期間しか見れてない私が言うのもなんですが、本当に最高。

卒業おめでとう。